トップページ > 快適な義歯(入れ歯)

快適な入れ歯(義歯)

 皆さんが感じている「不満な入れ歯(義歯)」についてのお悩みを解消し、ご満足いただける入れ歯(義歯)を作るためにさまざまな装置・技術・材料をご用意し、よりよい入れ歯(義歯)作りに力を注いでおります。
義歯(入れ歯) 理想の入れ歯(義歯)とは?

・美味しく食事ができる
・食べたいものが食べられる
・見た目が審美的にも優れている
・浮く、ずれる、痛みなどがなく口内でも違和感がない
と考えています。

入れ歯(義歯)をしていて、少しでも違和感を感じたら歯医者さんに相談しましょう。
入れ歯(義歯)は、皆さんおひとりおひとりそれぞれ違うものです。ことに、新しい入れ歯(義歯)は最初はなかなか慣れずにしっくりきません。また、使っていくうちにちょっとずつ不具合を感じてくる事もあります。

そして、入れ歯(義歯)とは、良く噛める入れ歯(義歯)ほど人工歯が減ってきます。そして入れ歯(義歯)が動かされ粘膜を傷めてしまいます。
定期検診では歯と歯肉の状態のチェック、清掃なども行っています。
快適な食生活を行えるように、少なくとも1年に1度程度は入れ歯(義歯)の定期検診をお薦めします。

以下に、いろいろな入れ歯(以下「義歯」と呼びます)をご紹介致します。
部分義歯、総義歯また症状によって様々な種類もご用意しておりますのでお気軽にご相談ください。

ページトップへもどる


もし、1歯失ってしまって義歯にしなくてはいけなくなってしまったら、その方法は2通りになります。 1歯欠損の場合は、取り付け型義歯(ブリッジ)と取り外し型義歯(可撤性義歯、局部義歯)のどちらでも適応できます。
ブリッジ
ブリッジは異物感が無く義歯が動かないという特長がありますが、欠損の両側の歯を削らなくてはならないという欠点があります。
1本義歯
可撤性義歯は歯を削ることはありませんが、違和感が強く、義歯が動いてよく噛めないという欠点があります。

ページトップへもどる


金属連結装置

左右に分かれた欠損部の義歯を1個の義歯にするために連結しますが、金属の連結装置(バー)にする場合は、既成のものを曲げるときと、鋳造して作る場合があります。既成するものは安価で簡単ですが、適合性で劣ります。
レジンの連結装置

連結装置として義歯材料と同じレジンを使う場合があります。
適合は良いのですが、強度が多少劣ります。

ページトップへもどる


前歯と臼歯の欠損を義歯で

前歯欠損と臼歯欠損を可撤性義歯にする場合は金属のバネ(クラスプ)が見えたり(審美歯科)、バネのかかった歯が痛む(負担過重)ことになったり、デザインや作成精度に技術と配慮が必要になります。
中間欠損と遊離端欠損の複合義歯

中間欠損(両側に歯が存在する場合)と遊離欠損(最後方歯がない場合)を1個の義歯にする場合は、義歯の動きや支台歯にかかる負担などが異なってしまい、きわめて難しい義歯になり、印象咲採得、咬合採得、設計などの一連の作業に高度な技術と配慮が必要になります。

ページトップへもどる