トップページ > 矯正治療とは

矯正治療とは

矯正治療

矯正治療は、見た目の美しさや素敵な笑顔はもちろんですが、歯の口腔内や全身の健康を維持するめに行っていくのです。 なぜ矯正歯科が必要と言われているのか、様々な理由が挙げられます。

矯正歯科

1.ムシ歯や歯周病になりやすい

歯並びが悪く、歯が重なり凸凹と並んでしまっていると、隙間に食べかすが溜まりやすく、歯みがきをしても十分に取り除くことができません。そのため、ムシ歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

2.よく噛む事ができない

歯並びが悪いと正しい噛み合わせができません。そのため、食べ物を食べるときにしっかりと噛まないまま飲み込んでしまい、胃腸に大変負担をかけることになります。

3.顎の成長・顔の形にも影響してくる

顎の骨や顔の筋肉は、食べ物を正しく噛む事で成長するのです。噛み合わせが悪いと噛む事による成長が正常に行われず、顎が未発達になったり顔が歪んでしまったりと、成長に大きな影響を与えるのです。

4.口元が気になってしまう

歯並びが悪いと、笑顔が美しくない・発音が悪いなどの理由からコンプレックスを持ってしまい、会話の際に手で口元を隠したりしてしまいます。ストレスもたまるようになり、肩こりや姿勢も悪くなりがちなのです。

5.発音がしにくい

噛み合わせの状態によって様々な発音障害が出てきます。とくに、英語など外国語の発音がむずかしくなるのです。

ページトップへもどる


いわせ歯科では、最先端の矯正治療方法である「デーモンシステム」を採用しております。

1.治療期間の短縮

デーモンシステム

デーモンシステムにより従来よりも3割ほど早く治療を終わらせることが出来ます。
従来の矯正治療装置と異なり、生体の力を応用できるように設計された装置=ブラケットと呼ばれる装置の中をワイヤーが自由に動くことにより、、つけ心地も良く、ナチュラルできれいなスマイルを作り出すことが出来ます。

また、シンプルな装置を使う事により清潔を保ちやすくなります。物が挟まりにくく、ブラッシングもしやすくなるのでムシ歯や歯周病になりにくくなっています。

2.通院回数が減ります

デーモンシステムの装置は精巧に効果的に作られています。ハイテクワイヤー(形状記憶合金)が長期間にわたって持続的に弱い力を加え続けるので、複雑な調節の頻度が少なく済み、その結果通院回数を減らす事ができます。 また、症例によっては治療期間も大幅に短縮出来るようになりました。

3.治療中の痛みが減少

デーモンシステム

今までの矯正装置が持っていた致命的な欠陥である“ブラケットとチューブに生じる摩擦”を数百分の一にまで軽減する事が出来るので、今までより弱い力で効率的に歯を動かす事が出来るのです。 そのため身体にも優しく、素早く治療する事が出来ます。
そのため身体にも優しく、素早く治療する事が出来ます。

4.抜歯の可能性が減少

従来の矯正治療では抜歯か非抜歯か選択を迫られるケースの場合でも、非抜歯で満足な治療結果が得られるようになりました。

ページトップへもどる


無料のご相談から治療にかかる具体的な流れは次のようになっています。

ご相談(15分~30分)
検査無しでわかる範囲の流れ、料金を説明いたします。お気軽にどうぞ。

検査・診断(約30分)
治療方法を決定するのに必要なデーター(歯の型、お顔、お口の写真、レントゲン等)を集め、分析します。この結果に基づき、後日、最適な治療方法(現在の状態、治療方法、期間など)を説明致します。)

治療(月1回通院で約15~30分)
いよいよ装置をつけて治療開始です

治療終了(30分)
待ちに待った美しい歯並びや口元を手にして、うれしい装置外しです。

観察
きれいになった歯並びが元に戻らないようにするための装置をつけて観察します。 (装置は、取り外しのきく簡単なものです。個人差はありますが、装置は治療と同じ位の期間使用します)

治療完了

ページトップへもどる


●相談料 無料

●検査・診断料、治療費、観察の装置、観察・調節料
症例によって異なりますが、おおよそ50~70万前後と考えてください。

  • 相談時に総額の費用をご説明致します
  • 治療費の支払方法(一括、分割)についてはご相談に応じます。
  • 矯正治療費は基本的に確定申告の際、医療費控除の対象になります
  • 唇顎口蓋裂及び手術を必要とする矯正の場合は、保険が適用されます。>
  • 転勤や転校などで転居の可能性がある方は、わかった時点で早めにお知らせ下さい。(転医の手続きのため)
  • 矯正治療は歯科の中でも特殊な治療です。当院では専門の担当医が治療に当たります。

●当院における『矯正治療』に関する詳しいリーフレットはこちらからダウンロードいただけます。

ページトップへもどる